スポンサーリンク



2014年03月02日

玉川温泉の情報≪目次≫

泉質に関することから、湯治のやり方など、
奇蹟の湯と呼ばれる秋田県玉川温泉に関する情報を掲載しています。
ごゆっくりお読みください。

玉川温泉の基本情報について。
概要説明と所在地や行き方、連絡先などです。

玉川温泉の泉質と特徴について。
日本一の湧出量を誇る強酸性のお湯、泉質についてまとめました。

効能について。
様々な病気に効果を示すと言われていますが、適応症についてどのように発表されているのかをまとめました。

歴史について。
魚が死んでしまうため、「毒水」と呼ばれ疎まれていた過去や、皮膚病などに効く湯治場としての開発に関する情報です。

北投石(ほくとうせき)について。
温泉の沈殿物で、世界でも台湾と日本の2箇所でしか産出しない貴重な薬石、北投石についての記事です。

ネットで予約する。
2008年2月から開始されたオンライン予約についての情報です。




玉川温泉での湯治

お風呂の種類や、入浴方法に関する注意事項です。
入浴の仕方。

普通の温泉ではなく、強酸性のお湯なので、かけ湯は時間をかけて毎回しっかり行なわないと危険です。
玉川温泉でのかけ湯のやり方

適応症や飲むタイミング、強酸性のお湯から歯を守る為の注意事項などについての記事です。
飲泉について


玉川温泉の源泉「大噴」(おおぶけ)周辺の地熱による温熱療法の概要説明です。お湯に入らなくても効果があります。
岩盤浴について

岩盤浴に持っていくと便利なものや必要なもの、いろいろ。
岩盤浴の必需品

医学で説明しきれないような奇跡的な治癒力が発揮されることもあるのはなぜか。理由に迫ります。
岩盤浴でガンはどうして治るのか?


実際にガンがよくなったというケースのご紹介です。
卵巣がんの完治。
腎臓癌のがん細胞が消えた。

治せない病気は、恋の病だけだとか? 話のネタにどうぞ。
玉川温泉は金欠病も治す!?


なかなか実際に秋田まで行くことができない方へ。
東京で、全国で薬石浴「嵐の湯」
湯の華
家のお風呂で使う関連商品

温泉に関する基礎知識
療養泉とは


湯治場の中でも、真剣に病気を治したいという人々が集まる特別な温泉です。玉川温泉の素晴らしさの一端を知っていただけたら嬉しく思います。
posted by 北投石 at 01:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 秋田県玉川温泉

2011年07月04日

病気を治す奇跡の水 水素水

玉川温泉は「奇跡の湯」と呼ばれますが、世界には毎日飲むことで様々な病気を治し「奇跡の水」と呼ばれる水があります。
ルルドの水やトラコテの水などです。

これらの奇跡の水がなぜ病気を改善させるのか、科学的に分析、解明されてわかったのが、共通して含まれている水素でした。
水素は、人間の身体にとって超悪玉といえる「活性酸素」を一瞬にして、しかも大量にやっつけることができるのです。
そして水素が最も小さい元素であるため、脳の中、細胞の中にまで入っていって、悪玉活性酸素を無害にします。

奇跡の水が水素水であったことが解明されて以来、利用する人が増加し、水素水の効果を示す多くの症例が聞かれるようになりました。
病気が改善したという症例として挙がっているのは、糖尿病・脂肪肝・アトピー・乳がん・前立腺ガン・高血圧など多岐に渡っています。
アトピーなど皮膚に関する症状の改善には、飲むだけでなく、肌を水素水で洗うという使い方をしているようです。
これらの病気にお悩みの方は、治療をしながら、水素水を毎日の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

玉川温泉で岩盤浴をする時に、水素水を持参するのもよさそうですね。

持ち運びできるようなパックで売られていりものもありますので、簡単に利用する事ができます。

水に溶けた水素は、放っておくと空気に出て行ってしまう性質があります。
水素水はできるだけ早く飲みきりましょう。
フタを開けるとどんどん空気中にとんでいってしまうので、開栓後はなおさら、できるだけ早く飲みきるようにするのが、多くの水素を体内に取り込むコツです。
なお、余分な水素は息に混ざって放出されるため、摂りすぎの心配はありません。
またこれまで副作用の報告もありません。
posted by 北投石 at 12:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 玉川温泉と癌(ガン)

2011年06月25日

玉川温泉の岩盤浴にとても近いイメージの療法が発表された

2011年4月にAMR療法という画期的な前立腺がんの治療法が発表されました。
Aお薬、M温熱、R切除の3つの治療を組み合わせたもの。
10年前から早期がんに対して行なわれているそうで、86%もの患者さんからがん細胞が消えたのだとか。

希望者には、薬と温熱だけの治療も行なわれているそうです。
これだと外来のみで行なえるということで患者さんにも負担が少ない。

ここで注目したいのが、Mの温熱療法です。
これは、高温度治療器を用いて、マイクロ波を照射し、1時間患部を45度に熱するのだそう。

これは玉川温泉の岩盤浴の地熱療法にとても近いイメージです。
玉川温泉の源泉近くは、55〜60度の岩盤で、そこにゴザなどを敷いて寝転がり、身体を温めるのが岩盤浴です。
がん細胞には熱が溜まりやすくダメージを受けやすいとも言われており、奇跡的治癒のひとつの理由とも言われています。
奇跡と言われたことのひとつが実際の治療法として発表されたかのようです。

ますます玉川温泉の魅力が増したと感じる医学的な発表であったと思います。
ただ、AMR療法にしても、温熱療法のみではなく、いくつかの方法を組合せています。
岩盤浴だけではなく、病院での治療もしっかり受けながら玉川温泉を利用するのがいいでしょう。
posted by 北投石 at 00:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 岩盤浴

2011年06月24日

玉川温泉の効能を自宅で楽しむ玉川の花湯とは?

奇跡の湯「玉川温泉」のお湯を自宅で楽しむことができるという玉川の花湯というものがあります。ステンレスのケースの中に、玉川湯の花鉱石セラミックボール、遠赤外線セラミックボール、マイナスイオンボールが入っています。これを、お風呂のお湯に沈めることで、家庭にいながらにして玉川温泉のお湯に入れるというもの。

玉川温泉には、いくつかの特徴があります。
強酸性のお湯・薬石「北投石」の効能・岩盤浴ではさらに地熱による治療効果が加わります。この玉川の花湯は、北投石による効果を家庭で体験できるものになっています。

北投石は、秋田県玉川温泉と台湾の北投温泉でしか産出しない、貴重な鉱石です。
玉川温泉の湯の華が堆積した沈殿物であり、薬石としてあらゆる病気に対する効果が期待されています。

特別天然記念物に指定されている為、北投石は玉川温泉から持ち出すことができないのですが、この石のもとになっている湯の華から、薬石効果を96%再現したセラミックボールが作られました。それが、玉川の花湯です。

では北投石の薬石効果とはどのようなものでしょうか。
北投石は、重晶石(硫酸バリュウム)の一種でラジウムを含み、放射性があります。
微量のラジウム放射によって、わたしたちの身体の免疫作用が刺激され活発になります。これを「ホルミシス効果」といいます。
このラジウム効果で、細胞が活性化されたり、免疫力が高まったりすることにより、さまざまな病気を自らの力で治すことが期待できるというわけです。
愛用者の方々からは、リウマチの痛みがとれたなどの体験談が寄せられています。

玉川温泉はなかなか予約がとれないですし、雪深い山奥にあることから、冬には交通も制限されます。また、秋田県までは遠くて行くことができないという方もたくさんおられると思います。
そんな場合に、この玉川の花湯があれば、秋田玉川温泉の湯治による効果を部分的にではありますが、自宅で、しかも毎日のお風呂で楽しむことができます。
値段はちょっと高いですが、半永久的にその効果、ラジウム放出は変わらないそうですので、何年もの間使うことができます。

▽[玉川の花湯]詳細・お申込みはこちらから▽


posted by 北投石 at 20:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 湯治

2010年12月21日

玉川温泉の岩盤浴の必需品

玉川温泉での治療として、湯船に浸かる湯治の他に、岩盤の地熱とラジウムの効果を期待する岩盤浴が有名です。最近サロンなどでもブームになった岩盤浴の元祖ですね。


温熱療法である、岩盤浴は、源泉「大噴」(おおぶけ)付近の遊歩道脇などにござを敷いて横になり、自然の地熱の効果を受けるものです。


岩盤浴では旅館で着ている浴衣や丹前は禁止されています。
汗をかいても大丈夫なスウェット上下にスニーカーなどの軽装で出かけましょう。


玉川温泉で岩盤浴するときに必ず必要になるものは、まず、ござです。
ビニールシートよりも、地熱を優しく伝えるござがお勧めです。


そして、体にかけるためのタオルケットや、たくさんかく汗をふくためのタオル。
汗をかく時には脱水症状にならないよう、水分補給が必要ですから、ミネラルウォーターやスポーツドリンクなども必ず持参しましょう。
活性酸素を除去してくれる水素水がお勧めです。


岩盤浴は屋外で行います。日差しが強い時もありますので、帽子や日傘なども必需品です。


汗をたくさんかきますので、着替えもあると便利かもしれません。


これらをまとめると、結構大きな荷物になります。
歩いての移動ですから、これらの荷物をリュックなどに入れて背負って、ござだけ抱えていくのが玉川温泉岩盤浴の一般的なスタイルとなっています。


そして、おまけですが、卵やお芋を持って行くと楽しいです。
岩盤浴をしている間に、ところどころにある噴気孔に卵やお芋などを入れておくと、ホカホカのゆで卵やお芋ができあがります。
噴気孔でやけどしないように注意して利用しましょう。
タグ:岩盤浴
posted by 北投石 at 08:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 岩盤浴

2010年12月20日

玉川温泉での岩盤浴

玉川温泉での湯治には、入浴、飲泉、岩盤浴があります。
このページでは、地熱による温熱療法である、岩盤浴について説明します。

旅館の入り口から1分ほどのところから湯の川に沿って遊歩道があり、その先に大噴(おおぶけ)と呼ばれる玉川温泉の源泉があります。
源泉からは98度の湯が湧出し、勢いよく噴煙が出ています。
この辺り一帯の地熱のある場所を「岩盤」と呼び、遊歩道の脇などにござを敷いて横になり、タオルケット等をかけて行う地熱による温熱療法を岩盤浴と呼びます。

岩盤浴では、地熱とラジウムにより、大量の汗が出ます。岩盤浴では、鎮痛効果や新陳代謝促進の効果が期待できます。
またマイナスイオンも多く発生していると言われ、血液浄化や抵抗力向上、自律神経の調整作用も期待されています。

岩盤浴は、1日に1〜2回、1回の岩盤浴で30〜60分程度行い、からだの表と裏を交互に温め発汗させます。また、特定の場所に病がある人は、患部を岩盤に当てるといいといわれています。
岩盤は、場所によっては大変高温になっているところもあるので、低温やけどをしないよう、熱いと感じたら身体の向きを変えるなどしましょう。

岩盤浴に必要なものは、湯治客が自分で全て準備することになっており、旅館でのレンタルなどはありません。
汗をかいても大丈夫な服装で、ござとタオルケット、枕にするためのタオルや汗ふきようのタオル、水分補給の為のドリンク、着替えなどを持って行きます。夜間は懐中電灯も必要です。
ゴザは、ビニールシートよりも、イグサのござのほうがおすすめです。

国立公園のため、自然のままになっていますから、歩きやすい靴で出かけましょう。
冬は水が流れているところを通りますので、長靴がいいようです。

余談ですが、噴気孔から蒸気が噴出しているところに、卵やお芋などを持って行って温泉卵などを作って楽しんでいる人もいるようです。
タグ:岩盤浴
posted by 北投石 at 00:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 岩盤浴

2010年12月13日

玉川温泉付近の冬季の交通について

玉川温泉は、県内でも有数の豪雪地帯に位置しています。道路にはトンネルのようなスノーシェルターと呼ばれる、道路を覆って吹雪から遮蔽する施設が点在するほど。

冬の間は、玉川温泉に繋がる国道341号線の田沢湖側二神館−鹿角側澄川間が冬期通行止めとなり、鹿角からのルートは完全に閉鎖されます。
国道341号線の田沢湖からのルートについても、一般車両は完全に通行止めとなります。

玉川温泉に宿泊する場合は、
路線バス<(急行 新玉川線)田沢湖駅前〜ふるさと会館前〜新玉川温泉 1日4本>を利用して、田沢湖駅から乗車し、新玉川温泉で下車、さらにそこから雪上車に乗り換えて向かうことになっています。15分ほどの距離です。この雪上車での送迎については、路線バスの新玉川温泉着時間にあわせて運行され、それ以外の時間の送迎はありません。
そのため、日帰り入浴や外来での湯治は11月下旬から4月20日ごろまではできませんのでご注意ください。

国道R341は、雪崩のために完全に通行止めになってしまうこともあります。


<近隣の温泉までのアクセス>
玉川温泉の近隣には、新玉川温泉とぶなの森玉川温泉そよ風があります。
新玉川温泉には、前出の路線バス利用となります。送迎車はありません。

ぶなの森玉川温泉そよ風は、田沢湖駅から1日1便、宿泊者向けに送迎バスを運行しています。宿泊者であっても完全予約制なので、宿の予約時に必ずバスも予約する必要があります。路線バスは、そよ風まで行かないので、送迎バスを利用のこと。

いずれにしろ、宿泊予約の際に、それぞれの温泉宿に詳しく確認するようにしてください。
いいかげんにしていると、せっかく予約したのに湯治ができないなんてことにもなりかねませんね。
タグ:玉川温泉
posted by 北投石 at 14:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 秋田県玉川温泉

2008年12月04日

玉川温泉の効能について

玉川温泉の泉質は、酸性−含二酸化炭素・鉄(U)・アルミニウム-塩化物泉。
この強酸性のお湯は、癒やしの湯と呼ばれ、各地から様々な病を抱えた人が救いを求めて湯治にやってきます。

効能としてはどんなものがあるのでしょうか。

まず、浴治の適応症として、きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病、高血圧症、動脈硬化症、月経障害などがあげられます。

リウマチは、入浴初期には一時的に症状が悪化することがありますが、徐々に副腎皮質機能が快復し、症状の改善が期待できます。

血液に与える効能として、血圧を正常値に近づける調整作用や、血中コレステロールの低下、血管の動脈硬化を抑制する作用があります。また、赤血球数・血色素、白血球数を増加させる造血作用も期待できるため、貧血に効果を示します。

皮膚に関しての効能としては、特徴のページでも書いたとおり、強酸性のための殺菌作用が皮膚病に対して効果を示します。慢性湿疹、腫症などの慢性皮膚病に対してかなりの効果が期待できるそうです。水虫の元になる白癬菌にも効果があり、1週間から10日ほどの湯治で水虫が完治したという事例もあるそうです。

玉川温泉の湯治による調査事例の中で効果が認められた症例として、小児麻痺があります。
脊髄性小児麻痺に関しては、45日間以上の湯治により、半数以上に筋機能の増強が認められ、脳性小児麻痺についても、筋力向上や身体の動きが円滑化したりなど、明らかな状態の好転があったという調査結果があります。ただし、整形外科医などの専門医と温泉療法医との協力が必要です。

玉川温泉での湯治による免疫力の向上は、開始から10日目くらいにみられます。免疫力、抗菌力や肝機能については、最初の3〜5日では一旦減退し、その後湯治を続ける事により改善が期待できるようです。

また、飲用の適応症として、慢性消化器症、慢性便秘、貧血などがあります。

いずれにしろ、個々人が本来持っている自然治癒力や免疫力が向上することにより、結果として病気が快復に向かうのが湯治です。必ず治るというものではないことは忘れないでおきたいところです。
タグ:温泉
posted by 北投石 at 00:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 効能

2008年07月20日

玉川温泉について

玉川温泉は、秋田県と岩手県にまたがる十和田八幡平国立公園内の秋田県側に位置し、八幡平と田沢湖を結ぶ国道341号線沿い、焼山山麓のふもとにあります。

毎分9000リットルという、日本一の湧出量を誇り、その源泉は摂氏98度で無色透明。大噴(おおぶけ)と呼ばれる源泉から、3メートルもの幅広の熱い湯の川となって玉川温泉に流れ込んでいます。

国内でもまれに見る強酸性(pH1.05)の泉質が特徴で、胃液よりも強い酸性で、ラジウムを大量に含み、殺菌力が強いことから特に皮膚病によく効くとされています。さらには、皮膚病や胃腸病などに留まらず、癌や糖尿病にも効果を表したことから一躍有名になりました。

交通の便もあまりよくない山中の1軒宿でありながら、今では年間25万人もの人々が訪れる、人気の湯治場となっています。また、利用の効果が充分期待され、かつ健全な温泉地としての条件を備えているとして、国民保養温泉地の指定を環境省より受けています。

(データ)
玉川温泉
たまがわおんせん

泉質:酸性−含二酸化炭素・鉄(・)アルミニウム−塩化物泉

住所: 〒014-1205 秋田県仙北市田沢湖
TEL: 0187-58-3000

アクセス:
秋田新幹線「田沢湖駅」から羽後交通バス約90分
花輪線鹿角花輪駅から秋北バス約75分
花輪線八幡平駅から秋北バス約1時間
冬季(11月末〜翌4月下旬)は、積雪の為、冬季間通行止めとなるため、田沢湖駅側からのルートだけしか利用できなくなります。そのため隣の新玉川温泉から雪上車での送迎となっています。
タグ:湯治
posted by 北投石 at 20:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 秋田県玉川温泉

2008年05月28日

玉川温泉の泉質と特徴について

秋田の秘湯「玉川温泉」の特徴は、日本一の湧出量とその強酸性にあります。
泉質は、酸性−含二酸化炭素・鉄(U)・アルミニウム-塩化物泉。
世界でも珍しく、塩酸を主成分としています。

毎分9000リットルも湧出している源泉は、1箇所からの湧出量としては日本一です。
湧き出るお湯は、摂氏98度の高温で、無色透明、熱湯の川となって流れています。

水素イオン濃度(ph値)が1.05という日本一の強酸性泉は、胃液よりも強い酸性であり、遊離塩酸を多く含有しています。これほど強い酸性を示すものは、3000を超える温泉地を持つ日本国内でも他には見つけることができません。

また玉川温泉のお湯は、強力な殺菌力も持っています。
魚も水草も育たないため、昔は「玉川毒水」といわれ疎まれていました。
化膿菌ならたった5分で死滅してしまう殺菌力は、水虫の原因になる白癬菌(はくせんきん)にも殺菌と発育阻止の効果があることがわかっています。
この殺菌力により、浴槽内は、多くの人が入浴しても、湯船はいつもほぼ無菌の状態を保つことができます。

また、源泉から生み出される北投石は、世界でも大変珍しい石です。
台湾の北投温泉とチリ、そして玉川温泉にしか見られないそうです。
ラジウムを放出する北投石は天然記念物に指定されています。

玉川温泉は、温泉水や土砂、湯気などに微量の放射能を含有しています。
天然放射能値よりも若干多い程度のため、放射能障害の心配はありません。
posted by 北投石 at 21:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 秋田県玉川温泉

2008年03月23日

玉川温泉の北投石は世界でも貴重な薬石なんです

世界的にも、台湾の北投温泉と国内秋田県の玉川温泉でしか産出しない、貴重な鉱石が北投石(ほくとうせき)です。
温泉の沈殿物であり、薬石としても有名で、あらゆる病気に対する効果が期待されています。


北投石の最初の発見は、1905年地質学者の岡本氏によるもので、北投温泉に入浴した帰りに近くの川で見つけたといわれています。北投温泉で発見されたことから、北投石と名づけられました。
その後の調査で、当時渋黒温泉と呼ばれていた玉川温泉から産出した鉱物と同じ物だと認定されました。


北投石は、重晶石(硫酸バリュウム)の一種でラジウムを含み、放射性を持っています。
独立した種類の鉱物ではなく、上記重晶石(硫酸バリュウム)に多く鉛を含んでいる変種であるという意味で含鉛重晶石と呼ばれています。


自然の中にある放射線の10~100倍の低レベル放射線は、人間の身体に促進的に作用するといわれています。
微量の有害物質が身体の免疫作用を活発にさせるというホルミシス効果が期待できるからです。
玉川温泉の北投石のラジウム効果もこのホルミシス効果で、細胞を活性化したり、免疫力を高めたりすることで、さまざまな病気に作用するのではないでしょうか。


なお、日本国内では、玉川温泉の北投石は特別天然記念物に指定されていて、現在は採掘することはできません。健康効果がメディアで報道されて盗掘も多いそうです。

また、台湾でも自然文化景觀に指定されています。
タグ:北投石 健康
posted by 北投石 at 15:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 秋田県玉川温泉

2008年03月11日

玉川温泉での湯治(かけ湯をしっかりしないと危険)

玉川温泉での湯治には、入浴、飲泉、岩盤浴があります。
入浴するときに重要な「かけ湯」について説明します。

木作りの大浴場には、まず「かけ湯」があり、「源泉」「大浴槽」「温かい湯」「気泡湯」「露天の湯」「浸頭湯」「寝湯」「打たせ湯」「蒸し湯」「蒸気湯」「飲泉」があります。

玉川温泉は、塩酸が主成分の強酸性の泉質です。
よく、テレビのサスペンスドラマなどで、塩酸の原液をかけて皮膚をただれさせたりするシーンがでてきますが、その塩酸を多く含んでいるお湯なのです。

ですから普通の温泉と同じ気分で入るのは危険です。成分が強いことを意識して、慎重に湯治に向かわなければいけません。

特に注意をしたいのが「かけ湯」です。
軽く2〜3回お湯をジャーっとかけるだけではぜんぜん足りません。
強酸性のお湯にこれから入るにあたり、たっぷりと1〜2分かけて、ゆっくり、しっかりかけ湯を行いましょう。
かけ湯というと、お湯を身体になじませる効果のためという認識はあると思いますが、強酸性のお湯に入るにあたっては、さらに、「貧血を防ぐ」そして何より、「湯ただれを防ぐ」ために必要なのです。お湯は強酸性なので、皮膚が過労になり、炎症を起こし易いからです。

しっかりと時間をかけてかけ湯して温泉に入らないと、皮膚がただれて流血することもあります。
よくかけ湯しておかないと湯ただれをおこして湯治が続けられなくなることもあるそうですので注意が必要です。

かけ湯が重要なのは、湯治初日の入浴だけではありません。
玉川温泉では、毎日毎回の入浴で、しっかりとかけ湯を行ってください。
タグ:湯治
posted by 北投石 at 00:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 湯治

2008年03月01日

療養泉とは?

地下から湧き出た温かいお湯が、全て温泉ではなく、法律により、きちんと定義されています。

≪温泉の定義≫
源泉から採取される時の温度が25度以上。
指定の固有成分が、お湯1kg中に1000mg以上、総量で含まれている。

さらに、治療の目的に資するお湯の条件を満たしていると、
「療養泉」として、泉質名や適応症などの表示が認められます。
その条件は、上記温泉の定義にプラスして、1kg中に以下の特殊成分をどれかひとつ含んでいることです。

≪療養泉に必要な特殊成分リスト≫
  • 遊離炭酸が、1000mg以上。

  • 銅イオンが、1mg以上。

  • 総鉄イオンが、20mg以上。

  • アルミニウムイオンが100mg以上。

  • 水素イオンが、1mg以上。

  • 総硫黄が2mg以上。

  • ラドンが30以上(単位は、100億分の1キュリー)


固有成分が1kg中に総量で1000mg未満であっても、上記7つの特殊成分の条件を満たしていれば、やはり「療養泉」となります。
秋田 玉川温泉も、このグループに分類され、特殊成分を含む塩類泉です。

玉川温泉は、水素イオンを1mg/kg 以上含有している、珍しい強酸性の療養泉です。
泉質名は、「酸性-含硫黄-アルミニウム・鉄-塩化物・硫酸塩泉」となります。

玉川温泉の浴治の適応症として、きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病、高血圧症、動脈硬化症、月経障害などがあげられます
適応症については、効能のページにさらに詳しくまとめてありますので、そちらをご参照ください。
玉川温泉の効能について
posted by 北投石 at 12:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 秋田県玉川温泉

2008年02月14日

岩盤浴でガンはどうして治るのか

玉川温泉の療法のひとつ、岩盤浴でも医学で説明しきれないような奇跡的な治癒力が発揮される時があるのはなぜでしょうか。

まず考えられるのが、微量に放出されている放射線です。

北投石は、温泉沈殿物で、世界でも秋田県玉川温泉と、台湾の北投温泉でしか見られない、とても珍しい天然石で、微量の放射能を発生します。

また、源泉「大噴」(おおぶけ)からも硫化水素やラドン(ラジウム)の放射線が出ています。

放射能といえば身体によくないものというイメージがありますが、微量に身体に入るとホルメシス効果をもたらします。これは悪いものを少しだけ身体にとりいれると、それが刺激となって症状を緩和する効果をいいます。

スギ花粉症の人が、前もってスギ花粉を微量に服用することで花粉対策をするのと似たようなことだと言えば分かりやすいでしょうか。

このラジウム効果は、玉川温泉エリアの大気を吸うことで得られるもので、もちろん、お湯に使って湯治をする人にも効果が期待できます。

岩盤浴がガンに効くもうひとつの大きな要因は、地熱による温熱効果です。
熱は、それ自体に細胞を活性化させたり、免疫力を高めたりする力があります。

またある限度を超えた温度(人の身体の細胞は、42.5度以上)では細胞にダメージを与えます。

源泉大噴付近の岩盤は、55〜60度の高温になっています。
ここにゴザなどを敷いて横になり、患部に地熱を伝えて行う温熱療法が岩盤浴です。

元気な細胞には、血液が常時ながれていて地熱を与えても放熱ができ、ダメージを受けにくいのですが、がん細胞は血流がよくないため、悪いところにだけ熱がこもりやすくなり、ダメージを与える事ができるのです。

ただし、がん細胞が熱への耐性をつけて強くなってくるので、医学的な治療との併用が一般的です。

そのほか、玉川温泉には、奇蹟の力を求めて、治療したいという意欲のある人々がたくさん集まってきます。そこで生まれる良いコミュニケーションが、お互いを癒し、また希望を強く持つことができるようになって、自然治癒力が増すのです。
posted by 北投石 at 16:20 | Comment(3) | TrackBack(0) | 玉川温泉と癌(ガン)

2008年02月07日

玉川温泉は金欠病も治す!?

秋田県玉川温泉は、日本一の湧出量を誇り、酢に浸かっていると思うほどの強酸性のお湯が万病に効くといわれています。
鹿湯とも呼ばれて親しまれ、とにかく人気で、1年中湯治客でにぎわっており、ほとんどの湯治客は、1度の滞在で1週間以上宿泊して湯治をしています。

宿の売店で「世界の奇蹟 玉川温泉」という本が売られているそうです。

この本は、温泉医療の研究に没頭し、玉川温泉の研究家として有名な記者、阿部眞平氏が編著したもので、玉川温泉で快癒した様々な病気について記録されているほか、療養の方法についてや温泉水の飲み方まで書かれています。

昭和46年に初版が発行され、平成18年、阿部眞平氏の生誕百年記念の復刻版が発行されています。

この本に書かれている、全快した病気の例は、たいへん様々な病気があって、しかも実際に治ったという人々の体験談という、驚くべき内容となっています。
この本に掲載されている、効果があった病気の例としてどんなものがあるかというと、赤血球減少病、ケロイド、ムチウチ症、スモン病、潰瘍、歯槽膿漏、子宮ガンの転移、脳内出血の後遺症、糖尿病、通風、リウマチ、とこの本を読む限り、まさに万病に効く温泉といえそうです。


病気への効果と一緒に、これは病気なのかはわかりませんが、金欠病にも効くという内容の項目があり、その内容は、温泉治療により健康になると、病気にならないから医療費がかからなくなってその分のお金が浮く、といった内容だそうです。

温泉療法は、その人の持つ免疫力が増すことが病気への効果となるので、持病を治すだけでなく、身体全体が健康へと向かうのでしょう。


玉川温泉で治せない病気は、恋の病だけだとか?
posted by 北投石 at 21:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 秋田県玉川温泉
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。