スポンサーリンク



2010年12月13日

玉川温泉付近の冬季の交通について

玉川温泉は、県内でも有数の豪雪地帯に位置しています。道路にはトンネルのようなスノーシェルターと呼ばれる、道路を覆って吹雪から遮蔽する施設が点在するほど。

冬の間は、玉川温泉に繋がる国道341号線の田沢湖側二神館−鹿角側澄川間が冬期通行止めとなり、鹿角からのルートは完全に閉鎖されます。
国道341号線の田沢湖からのルートについても、一般車両は完全に通行止めとなります。

玉川温泉に宿泊する場合は、
路線バス<(急行 新玉川線)田沢湖駅前〜ふるさと会館前〜新玉川温泉 1日4本>を利用して、田沢湖駅から乗車し、新玉川温泉で下車、さらにそこから雪上車に乗り換えて向かうことになっています。15分ほどの距離です。この雪上車での送迎については、路線バスの新玉川温泉着時間にあわせて運行され、それ以外の時間の送迎はありません。
そのため、日帰り入浴や外来での湯治は11月下旬から4月20日ごろまではできませんのでご注意ください。

国道R341は、雪崩のために完全に通行止めになってしまうこともあります。


<近隣の温泉までのアクセス>
玉川温泉の近隣には、新玉川温泉とぶなの森玉川温泉そよ風があります。
新玉川温泉には、前出の路線バス利用となります。送迎車はありません。

ぶなの森玉川温泉そよ風は、田沢湖駅から1日1便、宿泊者向けに送迎バスを運行しています。宿泊者であっても完全予約制なので、宿の予約時に必ずバスも予約する必要があります。路線バスは、そよ風まで行かないので、送迎バスを利用のこと。

いずれにしろ、宿泊予約の際に、それぞれの温泉宿に詳しく確認するようにしてください。
いいかげんにしていると、せっかく予約したのに湯治ができないなんてことにもなりかねませんね。
タグ:玉川温泉
posted by 北投石 at 14:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 秋田県玉川温泉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/173165583
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。