スポンサーリンク



2011年06月24日

玉川温泉の効能を自宅で楽しむ玉川の花湯とは?

奇跡の湯「玉川温泉」のお湯を自宅で楽しむことができるという玉川の花湯というものがあります。ステンレスのケースの中に、玉川湯の花鉱石セラミックボール、遠赤外線セラミックボール、マイナスイオンボールが入っています。これを、お風呂のお湯に沈めることで、家庭にいながらにして玉川温泉のお湯に入れるというもの。

玉川温泉には、いくつかの特徴があります。
強酸性のお湯・薬石「北投石」の効能・岩盤浴ではさらに地熱による治療効果が加わります。この玉川の花湯は、北投石による効果を家庭で体験できるものになっています。

北投石は、秋田県玉川温泉と台湾の北投温泉でしか産出しない、貴重な鉱石です。
玉川温泉の湯の華が堆積した沈殿物であり、薬石としてあらゆる病気に対する効果が期待されています。

特別天然記念物に指定されている為、北投石は玉川温泉から持ち出すことができないのですが、この石のもとになっている湯の華から、薬石効果を96%再現したセラミックボールが作られました。それが、玉川の花湯です。

では北投石の薬石効果とはどのようなものでしょうか。
北投石は、重晶石(硫酸バリュウム)の一種でラジウムを含み、放射性があります。
微量のラジウム放射によって、わたしたちの身体の免疫作用が刺激され活発になります。これを「ホルミシス効果」といいます。
このラジウム効果で、細胞が活性化されたり、免疫力が高まったりすることにより、さまざまな病気を自らの力で治すことが期待できるというわけです。
愛用者の方々からは、リウマチの痛みがとれたなどの体験談が寄せられています。

玉川温泉はなかなか予約がとれないですし、雪深い山奥にあることから、冬には交通も制限されます。また、秋田県までは遠くて行くことができないという方もたくさんおられると思います。
そんな場合に、この玉川の花湯があれば、秋田玉川温泉の湯治による効果を部分的にではありますが、自宅で、しかも毎日のお風呂で楽しむことができます。
値段はちょっと高いですが、半永久的にその効果、ラジウム放出は変わらないそうですので、何年もの間使うことができます。

▽[玉川の花湯]詳細・お申込みはこちらから▽


posted by 北投石 at 20:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 湯治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/178409946
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。