スポンサーリンク



2011年06月25日

玉川温泉の岩盤浴にとても近いイメージの療法が発表された

2011年4月にAMR療法という画期的な前立腺がんの治療法が発表されました。
Aお薬、M温熱、R切除の3つの治療を組み合わせたもの。
10年前から早期がんに対して行なわれているそうで、86%もの患者さんからがん細胞が消えたのだとか。

希望者には、薬と温熱だけの治療も行なわれているそうです。
これだと外来のみで行なえるということで患者さんにも負担が少ない。

ここで注目したいのが、Mの温熱療法です。
これは、高温度治療器を用いて、マイクロ波を照射し、1時間患部を45度に熱するのだそう。

これは玉川温泉の岩盤浴の地熱療法にとても近いイメージです。
玉川温泉の源泉近くは、55〜60度の岩盤で、そこにゴザなどを敷いて寝転がり、身体を温めるのが岩盤浴です。
がん細胞には熱が溜まりやすくダメージを受けやすいとも言われており、奇跡的治癒のひとつの理由とも言われています。
奇跡と言われたことのひとつが実際の治療法として発表されたかのようです。

ますます玉川温泉の魅力が増したと感じる医学的な発表であったと思います。
ただ、AMR療法にしても、温熱療法のみではなく、いくつかの方法を組合せています。
岩盤浴だけではなく、病院での治療もしっかり受けながら玉川温泉を利用するのがいいでしょう。
posted by 北投石 at 00:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 岩盤浴
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。