スポンサーリンク



2011年07月04日

病気を治す奇跡の水 水素水

玉川温泉は「奇跡の湯」と呼ばれますが、世界には毎日飲むことで様々な病気を治し「奇跡の水」と呼ばれる水があります。
ルルドの水やトラコテの水などです。

これらの奇跡の水がなぜ病気を改善させるのか、科学的に分析、解明されてわかったのが、共通して含まれている水素でした。
水素は、人間の身体にとって超悪玉といえる「活性酸素」を一瞬にして、しかも大量にやっつけることができるのです。
そして水素が最も小さい元素であるため、脳の中、細胞の中にまで入っていって、悪玉活性酸素を無害にします。

奇跡の水が水素水であったことが解明されて以来、利用する人が増加し、水素水の効果を示す多くの症例が聞かれるようになりました。
病気が改善したという症例として挙がっているのは、糖尿病・脂肪肝・アトピー・乳がん・前立腺ガン・高血圧など多岐に渡っています。
アトピーなど皮膚に関する症状の改善には、飲むだけでなく、肌を水素水で洗うという使い方をしているようです。
これらの病気にお悩みの方は、治療をしながら、水素水を毎日の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

玉川温泉で岩盤浴をする時に、水素水を持参するのもよさそうですね。

持ち運びできるようなパックで売られていりものもありますので、簡単に利用する事ができます。

水に溶けた水素は、放っておくと空気に出て行ってしまう性質があります。
水素水はできるだけ早く飲みきりましょう。
フタを開けるとどんどん空気中にとんでいってしまうので、開栓後はなおさら、できるだけ早く飲みきるようにするのが、多くの水素を体内に取り込むコツです。
なお、余分な水素は息に混ざって放出されるため、摂りすぎの心配はありません。
またこれまで副作用の報告もありません。
posted by 北投石 at 12:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 玉川温泉と癌(ガン)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。