スポンサーリンク



2008年01月19日

家のお風呂で玉川温泉”玉川の湯 癒”の効果を検証!

ラドン効果と温熱効果という効果が期待できそうな「玉川の湯 癒」について、玉川温泉の効能などと比較しながら検証してみましたよ。

人気が高くてなかなか予約がとれなかったり、遠くて行けなかったりする人たちのためにお家で玉川温泉の効果を得られないかと開発されたのが「玉川の湯 癒」です。
この商品は、秋田県玉川温泉が北投石によるラジウム温泉であるということに注目し、湯の華を研究す売ることで開発されました。(ちなみに、北投石は天然記念物のため、持ち出すことは不可能なので、そのかわりに湯の華を研究したのです。)

ラドンとマイナスイオンを発生するラジウムシーツとラドンをたくさん発生させ、ラドン水を作ることができるラジウムボールが使われています。

このラジウム効果と玉川温泉の効能に関して考えてみました。

玉川温泉の岩盤浴では、北投石や源泉から発生するラドン(ラジウム)が水蒸気とともに大気中に放散されていることによる放射能泉の鎮静作用と、地熱による温熱作用の相乗効果により、慢性リューマチなどの痛みを緩和するといわれています。
ラドンを含む放射能泉は免疫性の疾患に作用して症状をやわらげてくれるのです。

さらに、玉川の湯 癒には、温熱効果を発揮して発汗作用を促すためのゲルマニウムボールと遠赤外線セラミックを加えています。

玉川温泉に限らず、温泉療法全体の効果として、お湯に含まれているいろいろな成分によって普通に入浴する時より以上に身体を芯から温め、血流をよくする効果があります。
血流がよくなれば、新陳代謝が活発になって、体内の老廃物や疲労物質もとりのぞかれることが期待できます。
遠赤外線には、体の奥に作用して、細胞を活性化させる働きも期待できるんです。

こうして考えてみると、玉川の湯 癒 によって、ラジウムによる効果と温熱療法の効果が得られそうです。


ほぼ同じ効果で、似てるけどちょっとだけ安く買える玉川温泉の花湯っていうのもあるみたいです。
タグ:ラジウム
posted by 北投石 at 18:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 秋田県玉川温泉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/93927839
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。